口臭予防

青汁には食物繊維たっぷり!

青汁とは生の緑色の葉っぱの野菜を絞った、飲むことを目的とした健康食品のひとつです。粉末タイプのものが多く売られていて、水などに溶かして飲むのが一般的です。
青汁に使われている緑の葉っぱの野菜にはさまざまな栄養があります。
青汁の基礎知識として知っておきたい食物繊維は、身体にとってどのような効果があるのでしょうか。

青汁に含まれている野菜は、ケールが最も多く、他にも明日葉や大麦若葉や小松菜などさまざまなものが使われています。
料理などで熱を加えたことによって失われてしまいがちな栄養も、失われてしまうことはなく、野菜を生で食べるのと同じ効果が得られます。
青汁に使われているケールや大麦若葉などの野菜には、たくさんの食物繊維が含まれています。

食物繊維が身体にもたらすはたらきとして、まず一番知られているのは腸をきれいにして便秘を解消させるという効果です。
便秘に悩む女性にとっては、青汁は欠かせない健康食品のひとつです。

また、食物繊維のはたらきは便秘の解消だけではありません。
最近になって分かった食物繊維のはたらきとして、脂肪を燃焼する時間が長くなるというものがあります。食べ物を一緒に摂取して腸の中に入った食物繊維と、腸の中にいる細菌によってできる短鎖脂肪酸という物質が一緒になることで、脂肪をどんどん燃やしていくからだと言われています。

さらに食物繊維は免疫の力を高める効果もあることが分かってきました。
食物繊維は腸の中に入り、いろいろな悪玉菌など身体に良くないものにくっ付いたり、毒の要素を薄めて、身体の外に排出する手助けを行います。
腸の中の悪玉菌が減ることで、善玉菌と呼ばれる物質のはたらきが活発になり、免疫が向上することにつながっていくのです。

食物繊維には、水に溶けるものと溶けないタイプのものと2種類あります。
溶けないタイプのものは、多量に摂取すると便秘の解消にならないこともあります。
便秘の青汁の商品の中には、溶けない種類の食物繊維が含まれている商品もありますので、確認をして摂取するようにしましょう。