口臭予防

作り置きに向かない理由について

青汁は粉末になっているものが多いことから、飲むたびに毎回毎回水に溶かして飲むよりも、まとめて作り置きをしておいて好きな時に飲みたいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、あまり作り置きに向いていません。
青汁が作り置きに向いていない理由は何でしょうか。

青汁の商品で良く見かけるのは、粉末状を小分けのスティックにしているタイプになっているものです。

スティックタイプですと持ち歩きをしやすいので、食事をした時やお茶をした時や思いついたなどに、青汁を持っている水などに溶かしてジュースにして簡単に飲むことができます。
しかし、その都度水に溶かして飲むのはちょっと煩わしかったり、営業を仕事にしている人などは、他の人前ではちょっと飲みづらかったりといったこともあると思います。
また家にいることが多い人にとっては、たくさん溶かしてペットボトルなどの保存容器に入れて作り置きをしておき、気が向いた時に飲んだり、家族みんなで飲んだりしたいと思われるかと思います。

しかし青汁は、スティックにしてあるタイプは、作り置きをすることはあまりすすめられません。
理由としては商品には保存料が入っていないためです。
ミキサーで作った野菜ジュースと同じように作り置きをするのではなく、溶かしてすぐ飲むことが推奨されているのです。

また青汁に含まれているビタミン類などの栄養の中には、ビタミンCに代表されるように水に入れると効果が薄くなってしまうものがあります。
青汁に含まれている野菜の栄養を効果的に摂取するためには、水に溶かしてその場ですぐ飲むというのがもっともベストな飲み方なのです。

そして野菜を加工する際、高熱の処理をされていないタイプのものは、人間の体内に取り入れることで活性化する酵素が含まれています。
酵素のはたらきが衰えたり変わってしまう可能性がありますので、作り置きはすすめられません。
また、作り置きはしなくとも、青汁の賞味期限にも注意しましょう。