口臭予防

失敗しないために。青汁を選ぶポイント

緑色の葉っぱの汁を粉末にしたタイプの健康食品である青汁は、健康に良いことが知られるようになり知名度が高くなったことで、いろいろな食品に青汁が含まれていたり、青汁にプラスして栄養を添加したものもあるので店頭で迷ってしまうほどです。
青汁の選び方のポイントはどういったものがあるのでしょうか。

青汁はさまざまなタイプの商品が販売されています。
低カロリーで栄養価の高い青汁はミネラルやビタミンや食物繊維など、身体に良い成分が多く含まれています。
どうしても野菜が不足しがちな食生活を送っている人や、生活習慣病を予防したい人などにおすすめの栄養食品です。

青汁の選び方のポイントはいくつかあります。そのうちのひとつは、使われている野菜によって効果が少しずつ違うので、自分が不足しているもしくは積極的に摂りたいと考えている効果が感じられる商品を選ぶことです。

青汁にもっとも多く使われているケールは、アブラナ科の植物でキャベツのような葉っぱが付きます。
栄養価が大変高い野菜で、日本では緑葉甘藍や羽衣甘藍などという名前で呼ばれていました。
食用としてそのまま食べるというより、古くから汁を絞って飲まれていました。
ビタミンがたくさん含まれていて、特にβカロテンやビタミンEの含有量は野菜の中ではトップクラスです。
抗酸化作用が高いと言われているものが多いので、アンチエイジング対策に効果があると言われています。

大麦若葉はイネ科の植物で、麦の穂が付く前の若い葉っぱの段階のことを指します。
必須ビタミンのビタミンB群が多く含まれている他に、SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)と呼ばれる物質が含まれていることで注目されています。
SOD酵素は老化防止に効果があり、美肌などの効果につながっているとされています。

含まれている栄養素の他にも、他にも使われている植物のにおいや飲みやすさやなどにも味に差があります。
続けるためには、自分の飲みやすい味の商品を選ぶことも選び方のポイントのひとつです。
青汁人気ランキング青汁でダイエットの記事も参考にしてみましょう。