口臭予防

レモン風味の青汁は飲みやすい?

緑の葉の野菜を絞った汁を粉末にした青汁には、さまざまなタイプの商品が販売されています。
いろいろな味を付けているものもあり、中にはレモン風味の青汁という商品もあります。
飲みやすいとも言われているレモン風味ですが、実際はどういった味なのでしょうか。

健康に良いことで知られている青汁に主に使われている野菜のケールやアシタバは、他の野菜と比べて、非常に高い栄養を含んでいます。
ケールに含まれている鉄分やビタミンの割合は、他の野菜と比較してトップクラスです。
またアシタバの栄養素は、身体を作るもととなるビタミンB群や、便秘を解消するだけでなく、血液の流れを良くする食物繊維などが豊富です。
さらにアシタバには、カルコンという他の野菜にはない栄養素があることでも知られています。
カルコンとは、根や茎に含まれている黄色の汁のことで、血管の幅を広げて血流を良くして代謝を促すというはたらきがあります。
蓄積された脂肪の塊を分解するという効果もあることから、メタボリックシンドロームの解消に役立てることができる物質として、注目されています。

ただケールやアシタバには独特の苦みやにおいがあり、それが欠点とも言えます。
そのため特に野菜が苦手という方にとっては、身体に良いということは良く分かっていても、飲むことを敬遠してしまうということがあります。

青汁を飲みやすくする方法はいくつかあります。
独特の苦みやにおいをなるべくなくすためには、粉末タイプの青汁をそのまま水に溶かして飲むのではなく、豆乳や牛乳に青汁を混ぜて味やにおいを緩和させるといった方法や、果物と一緒にミキサーにしてジュースにするといった方法があります。
また青汁にハチミツや抹茶などを入れることによって、苦みが抑えられ飲みやすくなります。
それでもやはり飲みにくいという方へ向けて開発され、発売されているのがレモン風味の青汁です。

レモン風味はその名前の通り青汁の粉末にレモンの果汁を加えています。
レモン味なのでさわやかで飲みやすく、またレモンのビタミンCも一緒に摂取することができることから、子どもでも飲むことができる人気の商品のひとつです。
青汁を飲みやすくするためのレシピはたくさんありますよ。