口臭予防

青汁のおすすめの割り方は?

青汁は身体に良いことが頭では良く分かっていても、含まれている緑の野菜の独特のにおいや味などが苦手という方もいらっしゃると思います。
粉末になった青汁をそのまま飲むというのではなく、いろいろな食品に混ぜて摂取するという方法もあります。
どういった割り方があるのでしょうか。

野菜を生の状態で絞っているものを粉末にした青汁は、美味しくないことを敢えて売りにしたという面白い広告を打ったことによって、全国的に知られるようになった健康食品です。

有名になって30年近く経るとメーカーによって加工などにさまざまな改良が行われ、飲みやすくおいしい商品が多く販売されるようになりました。
それでも使われている主な野菜のひとつであるケールやアシタバなどは、味に独特のクセやにおいがあります。
青汁の原料によって好みがわかれることもあります。
また野菜が苦手という方にとっては、身体に良いということは知っていて興味はあっても敬遠するという人もいらっしゃいます。

苦手という方でも気にならずに飲めて、栄養分を壊すことなく摂取できる飲み方もたくさん考案されています。

まずは牛乳や豆乳で割って飲むという方法です。
牛乳や豆乳に混ぜることで、ケールなどの独特の苦い味などが中和され、小さなお子さんでも飲みやすい飲料となります。
さらに、牛乳や豆乳に含まれていて、青汁にはない栄養も一緒に飲むことによって効率的に摂取することができます。
牛乳にはカルシウムが含まれており、また豆乳にはイソフラボンや葉酸や植物性タンパク質といった栄養が含まれています。
特に肌や髪の毛などの美容に良い成分が多いことから、豆乳に青汁を入れて飲むという組み合わせは女性に人気があります。
男性でスポーツをする方は、青汁にプロテインを混ぜて飲むのもおすすめです。

他にはフルーツを使ったジュースで青汁を割って飲む方法もあります。
最近女性の間で流行っているスムージーと同じような感覚で飲むことができます。
どのフルーツでも相性が良いですので、自分の好みのフルーツを使って、オリジナルの青汁ジュースを作ることが可能です。